2017年9月アーカイブ

最近、流行の様に「DIY」と言うワードを耳にします。自分で〇〇すると言う事ですが、どうやらその言葉も、家具を作るとか棚を設けるとか、そうした家具作りや庭の造作をイメージします。動画サイトなどを見ると、DIY系では殆ど全てのメソッドを学ぶ事が出来ます。それは建築に詳しくなくても、そうしたノウハウを得る事が出来ます。

さて、墨出し器と聞いてどんなものを想像するでしょうか。私は古典的な墨ツボの方を思い出しました。大工さんが墨ツボから黒く染まった糸を振り出して、木材に目途をつけ張らせた後に、紐を上に引張り真直ぐな線を引く「墨出し」です。

色々調べてみると、木材から寸法を出す墨出し器もあれば、外壁などを真っすぐ並べる為に、蛍光色の糸を張って位置を確認する事も墨出しと言えるでしょう。

でも、最近は凄いですね。墨出しと言っても墨ではなく「レーザー」です。手も汚れなければ、薄暗い曇りの日や照明のない屋内でもキチンと、正確に線が出せる。何もない場所から、これから建物や造作をしようとする一番最初の段階で、この道具は本領を発揮するのです。以前の墨ツボの場合は一つの方向しか寸法が取れなかったが、今は最高で八方向も寸法が出せる。正に、イロハの「イ」をやってくれるのです。レーザーですから手を汚す事もありませんし、機種によっては、高層ビルで微妙に揺れを感じるフロアでも微調整しながらラインを取ってくれる。これは優れものですね。精度もこれまたすごい。10mで±1mmなのです。ひょっとするとマーキングする鉛筆の芯の方が太いかも知れません(笑)

それでもって、最近のレーザー式はスターウォーズに出て来る「R2-D2」みたいな形。一寸したロボットなのです。AI(人工知能)を搭載すれば、自動で「ご希望通りに墨出しいたします!」なんて言うかもしれない。そうなれば、かなり現場は捗るなと。

まぁ、それ位、技術の進歩は著しい訳で「R2-D2」まで行かなくてもコンパクトに墨出し出来るツールはある訳だから、有効に使いたいし、ひょっとすると持っているだけ「こいつ、プロだな。」なんて思われたらカッコイイかも。

大工さんが耳に鉛筆を指し、糸をピンと跳ねる姿もカッコイイけど、これからはスマートにレーザーで線を出す。これが粋になるんでしょう。

墨出し器は、レーザー器と名前を変えるのでしょうか?
ちょっと興味が湧きますね。

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年8月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。