今では白色だけでも壁紙の種類はとても豊富!

| コメント(0) | トラックバック(0)

実際に壁紙を張替えてみて知ったことと言えば、「白色だけでも今では種類展開豊富!」ということですね。そして「たかが壁紙なのに、めっちゃ多機能!」といったことでしょう。

まず「ホワイト(白色)」だけでも、オフホワイトもあれば、かすかに段差が入っていることによって、やわらかい白色を作り出しているような仕掛けが入っている壁紙もありますし、それに同じ「白色」でも微妙に変化のある白色もあるのです。ですからもう「白色」だけでも軽く10種類以上もあって、本当に驚いてしまいましたね。

なおかつ「タバコのヤニがつき辛い壁紙」ですとか、「クレヨン汚れもすぐに落ちる壁紙」ですとか、「ニオイがつき辛い壁紙」といったように、機能面も本当に多機能なのですよね。ですからもうハッキリ言って選び疲れをしてしまって...。

いや、選べる範囲が広いことの方がこちらとしては嬉しいことではあるのですが、あまりにも種類豊富ですと、どれを選んでいいのか嬉しい悲鳴といったところでしょうか。

ですから、最初こそはオーソドックスに「白色でー」と言っていたのですが、そのオーソドックスな白色が豊富なことによって、反対に変化球的な壁紙を選びそうにもなっていましたね。

ウォールステッカー 壁紙シール 通販 専門店

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://spanishcosyhomes.com/mt/mt-tb.cgi/43

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwa1が2016年1月12日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「華美なイメージが強い傾向にあるドレス」です。

次のブログ記事は「息子のお気に入りのふわふわおくるみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。